日々前進する《亜鉛メッキ技術》の研究
●溶融亜鉛めっきの仕様と規格
溶融亜鉛めっきの仕様を、それぞれの製品に応じて一律に決めることは困難です。
しかし、亜鉛付着量は材料の厚みや形状でほぼ決まります。
溶融亜鉛めっきに関する日本工業規格(JIS)は、
JIS H 8641 溶融亜鉛めっき
JIS H 0401 溶融亜鉛めっき試験方法
があります。
JIS H 8641 溶融亜鉛めっきではめっきの付着量と硫酸銅試験回数を
下記のように決めています。
種 類 及 び 記 号
種類 記号 適  用  例 ( 参 考 )
1種 A HDZ A 厚さ5mm以下の鋼材・鋼製品、鋼管類、直径12mm以上のボルト・ナット及び厚さ2.3mmを超える座金類。
1種 B HDZ B 厚さ5mmを超える鋼材・鋼製品、鋼管類及び鋳鍛造品類。
2種 35 HDZ 35 厚さ1mm以上2mm以下の鋼材・鋼製品、直径12mm以上のボルト・ナット及び厚さ2.3mmを超える座金類。
2種 40 HDZ 40 厚さ2mmを超え3mm以下の鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類。
2種 45 HDZ 45 厚さ3mmを超え5mm以下の鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類。
2種 50 HDZ 50 厚さ5mmを超える鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類。
2種 55 HDZ 55 過酷な腐食環境下で使用される鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類。
備考1. HDZ55のめっきを要求するものは、素材の厚さ6mm以上であることが望ましい。素材の厚さが6mm未満のものに適用する場合は、事前に受渡当事者間の協定による。
  2. 表中、適用例の欄で示す厚さ及び直径は、呼称寸法による。
  3. 過酷な腐食環境は、海塩粒子濃度の高い海岸、凍結防止剤の散布される地域などをいう。
付 着 量 及 び 硫 酸 銅 試 験 回 数
種類 記号 硫酸銅試験
回数
付着量
g/㎡
平均めっき膜厚μm
(参考)
1種 A HDZ A 4 回 28 ~ 42
1種 B HDZ B 5 回 35 ~ 49
2種 35 HDZ 35 350 以上 49 以上
2種 40 HDZ 40 400 以上 56 以上
2種 45 HDZ 45 450 以上 63 以上
2種 50 HDZ 50 500 以上 69 以上
2種 55 HDZ 55 550 以上 76 以上
備考1. めっき膜厚とは、めっき表面から素材表面までの距離をいう。
  2. 1種A及び1種Bの平均めっき膜厚欄の数値は、硫酸銅試験回数から推定したも最小めっき皮膜厚さの範囲を示す。
  3. 平均めっき膜厚は、めっき皮膜の密度を7.2g/㎠として、付着量を除した値を示す。
良い溶融亜鉛めっきをほどこすために、鉄鋼製品の設計、製作上で注意すべき主要な点を以下に記しますが、詳細は製作着手前にご相談下さい。
1.空洞、密封した部分
溶融亜鉛めっきをほどこす製品に、密封した部分があると閉じこめられた空気などの膨張のため、めっき作業者の生命や工場施設に重大な災害を引き起こすことがありますので、密封した部分があってはなりません。
パイプ加工品の場合には、斜継ぎ溶接、オープンジョイントなどで管に盲の部分のできないようにするか、または空気穴をつくることが必要です。
2.異種素材または異なる表面状態をもつ素材の組合せ
酸洗時間が素材の種類あるいは材料の表面状態によって、いちじるしく変わりますので、このような組合せは避けて下さい。
3.溶接および溶接スラグ
被覆溶接棒を使って溶接した場合の溶接スラグは、溶融亜鉛めっき工場に搬入する前に除去しておかなければなりません。
4.その他
溶接の際のアンダカットや溶接部のクラック・ピンホールは、不めっきや酸のしみ出しによるめっき皮膜の腐食の原因となるため避けなければなりません。

日本工業規格表示認証工場
認証番号/TC 07 07 006
日本工業規格/JIS H 8641

日本工業規格適合性認証書

国際標準化規格 ISO9001:2008
認証番号 CI/2530

国際標準化規格認証書

バー
TOP 〒799-2206 愛媛県今治市大西町脇甲882番地 ポスト
株式会社 四国メッキ
Tel:0898-53-3300 Fax:0898-53-6021
E-mail:info@shikokumekki.co.jp
バー